トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Data

※本コンテンツのデータは、あくまで ななぼん のメモ書きです。
 正しいとは限りませんし、そもそも ななぼん 所有の機材での結果です。

Data 記載例

購入状態 デジタル 銀塩
中古

各項目の意味

購入状態

その商品をどのようにして買ったのかを示しています。

  • 新品:販売店等で新品購入したもの
  • 中古:中古店等で購入した、保証のある中古品
  • ジャンク:無保証のジャンク品(動作保証無し)

デジタル

デジタルカメラで利用した場合の動作状況を示しています。

  • ◎:デジタル専用機能を含めて完全に利用できる
    • レンズの場合:デジタル向けレンズなど、100%の性能を発揮する場合。
    • ストロボの場合:自動調光+高速シャッター可能、等
  • ○:銀塩のオートカメラと同じレベルで利用できる
    • レンズの場合:発売当初のボディで使える機能がすべて使える場合。
    • 例:AFレンズの場合、AFや絞り調整など、全機能が完全動作可能、等。
    • ストロボの場合:自動調光は可能(高速シャッター不可)、等
  • △:半自動的に使えるが、実質的にマニュアルモードでしか利用できない
    • レンズの場合:絞りリングによりフルタイム絞り調節は可能だがAFは使えない、等。
    • ※絞りリングがない場合、シャッターが正常に切れれば「△」扱い。
    • ストロボの場合:調光不可で常にフル発光、等
  • ×:相当の制限がつく、もしくは動作しない
    • レンズの場合:そもそもシャッターが切れない、APS-C用なので大量にケラレる、等
    • ストロボの場合:発光しない、等
  • −:未テスト
    • ボディを持っていない場合
    • そもそも銀塩専用オプションの場合
※レンズの場合、元々がMFレンズの場合は
 無限遠にピントを合わせることが可能で、ボディが絞り優先可能なら「○」扱いになります。

 仮にピントは合わせることが可能でも
 ボディが絞り優先不可でマニュアルモードでしか使えない場合は「×」扱いになります。

銀塩

オートモード搭載の銀塩カメラで利用した場合の動作状況を示しています。○×はデジタルのものを参考に。